新作ダンス公演『街角』

アフタートーク詳細決定しました!

9/26update!

Facebook特設イベントページはこちら→

  • Facebook Social Icon

チラシ等でご案内しておりましたアフタートークですが9月30日(金)終演後に行うことが決定いたしました。出演は
  高橋淳&出演ダンサー

となります。お楽しみに。

ブログも書いております。上のメニュー右側からどうぞ。↑

■作品ノート

渋谷スクランブル交差点。驚愕と笑いで満ちた目でビデオを回す外国人観光客は、あの風景に何を見るのだろう。

秩序。混沌。ドラマ。そしてたぶん、神様の振付も。

信号が変わるたび、向こうから歩いてくる人々の群れは緩やかに自分を包み、そして後ろへ消えていく。それぞれが違う時間を抱えながらも、この一瞬を何事もなかったかのように通り過ぎる。

 

ひさしぶりの新作といいますか、東京公演といいますか。やります。

若手を中心に活きのいいダンサーに参戦してもらい、目指すところは「街角」

はてさて、ダンスで街角って?と思ったアナタ。さあさあお立会い。

多くの人々が行き交う街角は、たたずまいや動きの宝庫ですよね。今回はそれをモチーフにダンスを作ろうという次第。だからといって、見て街角のイメージが浮かんでくるかといえば、さにあらず。さすがにそんなナイーブな作り方はしませんのよ、この歳になると。経験と知恵を頼りに、元気でしたたかなダンサーの力も借りて街角という芳醇な動きの源泉からエッセンスを抽出し「ダンスとは何ぞや?」と問いかける小一時間になる模様。結局のところ、僕の興味はそこに集結されるのです。ダンスを作りたい。でも、ダンスって何だ?と。

今までもこれからも、ただそれだけを考えている気がする僕ですが、ベルリンの学校でマイムとダンスの教師生活を終え、昨年ようやっと帰国。したわけではなく、ベルリンには年間数か月呼ばれて行っていただけなのに、会う人会う人に「今日本にいるんですね」とか「ドイツなんですよね?」とか言われ続けたここ数年。ほぼ日本にいたのになあ。東京で公演やらないとこういう風になるのねと、反省したわけでもありませんが、今年はじゅんじゅんSCIENCE設立10周年を迎えましたので、ぼちぼちやっていこうかと思う所存。あ、今春から貿易関係でサラリーマンやってます。「働く振付家」っていうジャンルで頑張っていきます。生きなきゃ。(ジブリ風に)

 

演出・振付:高橋淳

 

出演:磯村奈未 小山柚香 長屋耕太 浜田亜衣 三橋俊平 久井麻世

 

こまばアゴラ劇場

 

2016年9月29日[木]~10月2日[日]

 9/29[木] 19:30

 9/30[金] 19:30

 10/1[土] 14:00 / 19:00

 10/2[日] 14:00

 各回開場は30分前 / 受付開始1時間前

 

■チケット  2016年8月3日[水] 発売開始

日時指定・全席自由 前売:3,000円 / 当日:3,500円

 

■チケット取り扱い

Confetti(カンフェティ)

電話 カンフェティチケットセンター 0120-240-540 (平日 10:00-18:00)

アンクリエイティブ

  TEL:03-6721-7970 (平日11:00-18:00)

  e-mail:

 

■お問合せ

アンクリエイティブ

TEL:03-6721-7970 (平日11:00-18:00) 

FAX:03-6721-7971 

e-mail:

​​

 

■クレジット

音楽:山中透

照明:磯野眞也(アイズ)

音響:牛川紀政

舞台監督:シロサキユウジ

宣伝美術:京(kyo.designworks)

写真:Eriko Khalesi

制作:じゅんじゅんSCIENCE

制作協力:株式会社アンクリエイティブ

提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

主催:じゅんじゅんSCIENCE

 

連携:Dance New Air 2016

平成28年度芸術文化振興基金助成事業

  • w-facebook